介護でつながる輪

みんなの☆介護の日エピソード☆をご紹介!

「介護の日キャンペーン」では、川柳とともに、「ご両親との嬉しかった、ほっこりしたエピソード」もたくさんお寄せいただきました。

すでに発表させていただいた【介護の日エピソード賞】5作品以外にも、たくさんのご両親やご家族との素敵なエピソードがございましたので、今回はさらに8作品のエピソードをご紹介させていただきます。

みんなの☆介護の日エピソード

 

【運動会の思い出】ラッキョライダーさん

飲食店の自営業で忙しかった両親。子供の頃は土曜、日曜は特に忙しく遊びにも連れて行ってもらったことはなく運動会も見に来れないほどでした。解っていてもやはり寂しい気持ちは強く運動会は嫌いでした。小学校4年の時の運動会、運動場の後ろの方に白衣にゲタを履いている父の姿がありました。その時は嬉しさよりも恥ずかしさで一杯でした。ほんの数分で父は居なくなりましたがやはり嬉しかったんですよね。今でも運動会の一番の思い出は父の白衣、ゲタ姿での仁王立ちです。

【手編みの帽子】ゆうちゃんさん

ボケ防止だと母が15年ほど前から編み物を始めて、毎年私、夫、子供二人に帽子を送ってくれています。とても有難いですがどんどん増えてくるので「頭は1個しかないからそんなにいっぱい送ってくれんでもええよ」と言うと、「寒い時は家の中でも被ると暖かいで」と言われたので、試しに家で被ると確かに暖かい。家の中でも帽子を被っていると、遊びに来た子供の友達に「なんで家の中でも帽子被ってるん?」と聞かれました。「暖かいやん」と言うと「変や~」と笑われたのも良い思い出です。今年も帽子が届きました。もう子供達はあまり被らないので私がせっせと被っています。

【孫の誕生】はうちゃんさん

三年前に倒れた父。ちょうどわたしのお腹に娘がいたとき。誰よりもお腹の赤ちゃんを楽しみにしてくれていた父。お腹に赤ちゃんがいると報告したらすぐさま安産のお守りを買ってきてくれるぐらい楽しみにしてくれました。意識朦朧で、赤ちゃん見れんかもしれんと。。父の涙とか初めて見ました。その後手術と、辛いリハビリで右足は不自由ですが、毎日元気に過ごしてます。娘(孫)を抱っこしたときの父の嬉しそうな顔は今でも忘れません。毎日私が送った娘(孫)の写メを見てるそうです。

【童心に帰った祖母】ねこまるさん

両親メインで祖母の介護をしていますが、私が孫を連れていくと祖母は童心に帰って遊びます。その心から喜ぶ姿を見て、両親は号泣。体が思うように動かないつらさと祖父の死で、祖母は気分が落ち込んでいたので両親はいつも心配していたとのこと。両親が感情を表に出す人ではなかったので思うところがあったのだな、と驚いたエピソードです。

【母のピンチヒッター】-mth-さん

父の認知症が進む中、突然母が入院することになりました。母のピンチヒッターとして1週間、帰省した時のお話です。初めのころ、父はずいぶん不安だったようで、母はどこへ行ったのか?いつ帰ってくるのか?何度も何度も同じことを私に聞きました。母もまた父のことが心配な様子で、よく電話をかけてきました。足の悪い父は母の見舞いに行くこともできず、電話がかかってくるたびに、母のことをねぎらっていました。本当は早く帰ってきてほしいのに、ゆっくり養生すればいい、こちらのことは心配いらないからと強がっていました。お互いがお互いのことを思いやる、すばらしい両親、見習うべき夫婦像だと思いました。

【はじめてのおつかい】チョコばななさん

買い物先で、何を買うためにやって来たのか忘れてしまうことが増えた母。予想外のとんでもない物を買ってくることもあり、大笑いすることもあります。老親の買い物を見守る気持ちは、小さなお子さんが「はじめてのおつかい」をするときの親御さんの気持ちに近いかもしれません。

【孫からのアドバイス】cubuさん

同じ敷地で実家両親と住んでいますが、父が少し認知症と足の不自由があります。母と私で介護をしていますが、そんな父を小学生の娘が面倒を見てくれます。父が思い出せないことなどあった時、小学生の娘が日記をつけると良いよとアドバイス。今日食べたもの、今日見たテレビ、母と話した会話など文章は稚拙ですが、父が思い出せないと、娘がほら日記見てと。そうすると父も思い出せてなんだか自信を持ってくれます。小学生の娘と父のやり取りは父の刺激にもまた娘にとってもとてもプラスになりますので今後もこうしたジイジと会話で娘がいろんなことを感じ取ってくれると嬉しいです。

【ほっこり風景】またんまたんさん

入院している母がとても退屈そうだったので、色鉛筆と、無地のはがきを持って行きました。何かイラスト描いてみたら?と言うと、やってみようかな、とイラスト描きを始めた母。今まで母が絵を描く姿を見たことがなかったので、母の描く絵がとても、ほっこり優しい絵で驚きました。ただ、ペンギンを描いたつもりが、孫たちに、スリッパだー!と言われ少しショックを受けていましたが、イラスト描きにはまった母は病室で看護師さんや他な患者さんに声を掛けられながらイラスト描きをしています。入院中ですが、ほっこり風景です。

まだまだ、ご紹介できていない素敵なエピソードが沢山ありますのでもっと読みたい!という方は、
↓ぜひこちらもご覧ください♪
ご両親とあなたのほっこりエピソードを大募集★
キャンペーン、エピソードの募集は終了しております。

こちらのページへの感想もぜひお聞かせください。

介護でつながる輪 最新記事はこちら

介護のプロがアドバイス!

介護でつながる輪へ
このページのトップに戻る