電車や車の移動、子どもが飽きない工夫
電車や車の移動、子どもが飽きない工夫

旅行や帰省などの長時間移動。旅行に行くのは楽しいけれど、子どもたちがなかなかジッとしていてくれなかったり、ぐずったりして大変なことも。子どもがうるさいのは当たり前!と思いつつも、周りの目が気になってしまいます。そんなときのためのとっておきアイテムや、子どもが飽きないように工夫していること、お出かけの際に必ず持っていくものなど、ママたちに聞いてみました。

 

移動の時どうしてる?移動の時どうしてる?

外出の際、どの移動手段を使うことが多いですか。

旦那さんがいれば車で

旦那さんがいれば車、いなければ公共交通機関を利用しています。

高麗(こま)さん


家族と一緒であれば車

家族と一緒であれば車。それ以外は、交通機関を利用します。

さなさん


子どもが電車に乗りたがってたら電車で

基本的に車ですが、子どもが乗りたがったら電車を利用します。

にぃさん


自転車か電車で

車の免許がないため自転車か電車です。

砂名さん


まずは外出の際の移動手段について聞いてみました。「どんな時も車で」という方が60%以上と一番多いですね。もちろん、車だからといって子どもが大人しくしててくれるとは限りませんが、公共の交通機関のように周りのお客さまに気を遣う必要がないので、その分のストレスは軽減されそうです。

 

移動中に飽きさせない方法移動中に飽きさせない方法

これは「みんなどうしてる!?」と知りたい方も多いのではないでしょうか!?親にとって、子どもの「飽き」との格闘は切実な問題ですよね…。みなさんどんな工夫をされているのか、さっそく見てみましょう!

 

車の中におもちゃを用意

車の中用のおもちゃをいくつか用意してあるので、乗ったらすぐ1個だけ渡して、飽きてきた頃に次のおもちゃを渡す。

まりさん


YouTubeの子ども向けチャンネルを見ながら

好きなおもちゃや絵本を持っていったり、(スマホに)YouTubeの『しまじろうチャンネル』と『ディズニーチャンネル』をいつでも見れるように登録している。今のところ、膝の上やガラガラに空いているときは座らせていれば飽きることなくキョロキョロと周りを観察しているので困ったことはない。

高麗(こま)さん


長時間移動はお昼寝のタイミングで

100円ショップのお絵かきボードやシールで遊ばせたり、お歌を歌う。長時間の移動の場合は、お昼寝のタイミングで移動することが多い。

rrさん


車に乗せる前に疲れさせておく

こまめに休憩を取る。車に乗せる前になるべく遊ばせ疲れさせておき、移動中寝るようにする。

ぴんさん


こっそりチョコを…

下の子は暴れん坊なので毎回大変。音の鳴らないお気に入りのおもちゃは必ず持参します。あとは、本当はいけないけれどこっそりチョコを特別に二粒ほど食べさせてしまいます。

おばちゃんさん


好きな曲をかけたり、お絵描き帳を持参

何度も貼って剥がせるシールを持っていく。子どもの好きな曲をかけたり、お絵描き帳を持って行きます。

1さん


飽きないようにiPadを持っていく

長い時間電車に乗らなければならない時はだいたいiPadを持っていき何か見せるかゲームをやらせています。 座れない時は一緒に外を見ていろいろ話しかけるなどして、飽きないようにがんばります。

おはようさん


泣き出したらジュースかおやつ

なるべくお昼寝の時間に乗せて車で寝かせる。起きてる時はオモチャ、絵本を持たせて泣き出したらジュースかおやつを少しあげる。それでも泣き出したら途中で車を止めて抱っこしてあげて気分転換してあげる。最近はDVDを見せたりするといいかなぁと思う。

Rママさん


お菓子やジュースを時間かけて…

必ずジュースとお菓子は持参します。まずお菓子を食べる前に念入りに手をふいて時間稼ぎ。 お菓子はなるべく食べるのに時間がかかるものを用意しています。ジュースはお菓子を食べながらちびちび飲ませてこれまた時間稼ぎ。 あとは移動用の小さな絵本とおもちゃを使って子どもと遊んでいます。それでも飽きてしまった時は最後の手段でスマートフォンですね。

らぶまさん


大好きなショベルカー探し

あまり電車の本数がないのと(子どもが)二人いるので、もっぱら車移動です。 オーボールをチャイルドシートにつないでみたり、運転中でも、子どもの顔が見えるミラーで信号待ちの時にチラチラ確認しながら話しかけたり、歌ったりしていました。 今では上の子が3歳になったので、一緒に歌ったり、大好きなショベルカーを探したり、いろいろとお話しながら移動しています。下の子は、お兄ちゃんが隣にいるのであまりぐずらず乗っていてくれます。

にわとりんごさん


移動に時間をかけない

歩いて行ける所は多少、時間がかかっても歩いて行くようにしたり、長距離の場合は新幹線や特急などを使って、料金ではなく自分も子どもも時短で楽できる方法で行くようにする。

こしひかりさん


電車に乗ったら静かにする約束

3歳と1歳の子どもがいます。まず出かける前に電車に乗ったら静かにするとお約束をしてから出かけます。(長男・3歳の場合) もし飽きてグズったら窓の外を見て、適当なことを言って気をそらせたり、シールブックや絵本を見たりします。

みけそゆさん


家族みんなでコンサート♪

車でお出かけのときは、家族みんなでコンサートです(笑)
音楽をかけて、みんなで歌っています(*^^*)
(もちろん、外の音がきちんと聞こえる程度の音量です^^;)
イントロ当てクイズとかしても盛り上がりますね~♪

Cloverさん


珍しい車を教える

常に話しかけることと、子どもが好きな音楽をかけるようにしています。 特に車が好きなので、パトカーやミキサー車など珍しい車が通れば必ず教えます。

にぃさん


新品のシールブックを用意

ここぞというときは、新品のものを用意します。初めて見るものだと、飽きるまでの時間が比較的長いです。 100円ショップのダイソーに売っているシールブックが、どこでも使えて、音もたたないので、便利です。あとは、好きなカードゲームのカードをコレクションごと持ちます。すると、好きな分野ですので、長い間説明をしてくれ、子ども本人は、楽しい時間になるようです。

みゅうさん


みなさんいかに興味をひくか、本当に色々な工夫をされていますね!さっそくマネしたいアイデアもたくさんあったのではないでしょうか。「お菓子はなるべく食べるのに時間がかかるものを…」などという、パパママの涙ぐましい努力も垣間見れます。車ならではになってはしまいますが、「家族みんなでコンサート」もいいですね!なんだかほっこりします。

 

必ず持っていくもの必ず持っていくもの

子ども自身が選んだおもちゃ

その時気に入っているおもちゃ。なのでこれと決まっているものはなく、その日により子ども自身で決めている。

kot-mamaさん


タッパーは必ず

何も入っていないタッパーが好きなので、タッパーは必ず持っていきます。

なっちゃんちゃんさん


いつもつかんでいるガーゼハンカチ

音の出るおもちゃといつもつかんでいるガーゼハンカチ。

きなこさん


洗濯ばさみやクリップが好き

いつも使っている手作りのオモチャや好きなキャラクターのもの。 洗濯ばさみやクリップも好きなので、持っていきます。

砂名さん


ハンドルのおもちゃで同じように”運転”

以前は同じようにするためにハンドルのおもちゃを車に置いていましたが、おもちゃもすぐ飽きるので何種類も用意していました。今はウルトラマンの本を持ち歩きます。

さーそーさん


童謡のCD

(車で)童謡のCDをかけるので、はいだしょうこさんの童謡のCDを持っていきます。

りのさん


トミカや手のひらサイズの絵本

トミカの車のおもちゃは小さいから必ずかばんに入っています。 手のひらサイズのミニ絵本を持っていきます。 そのどれも飽きてしまった場合のみ、ワオっちのアプリを使います。

ぴろりんさん


絵本や消えるお絵描きボード

絵本(すぐに飽きるので図書館などで借りて、子どもにとって新鮮みがあるもの)。消えるお絵かきボード(うちは、100均で購入したものがサイズ的にも重さも丁度良い)。飲み物(気がまぎれる。泣いた後飲ませると気分転換に)。

イチゴさん


トミカを自分でリュックに

自分が気に入ってるおもちゃ(今なら、トミカ)を行く前に、リュックサックに自分で入れて、持っていく。そのほかに水筒 お菓子の詰め合わせ。

だんごむしさん

img_episode18d

しまじろうは離さない

おやつ。それとしまじろうは離しません。

nanaciさん


実にバラエティに富んだ内容で、ついつい微笑んでしまいます。トミカや絵本といった子どもらしいものから、「何も入っていないタッパ」や「洗濯ばさみ」といった変わり種まで、お気に入りのアイテムを比べてみるだけでも、それぞれ個性豊かで素敵だなと思います。あなたもさっそく、みなさんの例を参考に我が子のヒットアイテムを探ってみてはいかがでしょうか。「え!?これ!?」っていう、意外なアイテムがハマるかもしれません。願わくば、できるだけかさばらないものを気に入ってくれると、親としては助かりますね。

 

ベビアクアコミュニティでは、他にも様々なテーマでママたちのリアルな声をお届けしています。妊娠中はもちろん、生まれてからも月単位で成長していくお子さんやご家族と向き合っていくためのたくさんのトピックをご用意しています。

あなたもぜひ、ベビアクアコミュニティに参加して、みなさんと子育てを楽しんでいきましょう。

 

登録はもちろん無料です。ご登録はこちら!