大切な思いや記録がつまった母子手帳、どう活用している?

母子手帳、どう活用している?

妊娠中、ママの体調やおなかの中の赤ちゃんの様子を記録するものとして大切な母子手帳。妊娠中の気持ちを記している人もいらっしゃるようですね。母子手帳は、妊娠中のみならず出産後も、予防接種や成長の記録としてよく使うものなので、母子手帳には大切な情報がいっぱいです!
以前GOO.N(グーン) MOMコミュニティでは、「みんなは母子手帳をどのように活用している?!」というテーマで、母子手帳の活用方法を聞かせていただきました!そこで、プレママやママたちから集まったコメントをまとめてみましたよ♪

 

妊娠中の活動や気持ちを記録

 
妊娠に気づいた日や初めて胎動を感じた日のこと、つわりで辛かったこと、性別がわかった時のこと…などなど、妊娠中には初めて感じることがたくさんあるかと思います。その時の気持ちを母子手帳に書きとめておく方もいらっしゃるようです。
 

妊娠のときつらかったことや、出産直後の気持ちも記録しているので、定期的に見返しています(とーふさん)
参加したマタニティイベントを記入したりしてます。体調や気持ちなども書き留めたり(あみんちゅさん)
1ヶ月ごとの体調や気持ちを大雑把にですが、メモしてました。上の子の時にそのメモを見てエコー写真アルバムを記念に作成するなんて良いアイデアですね!その時の思いがよく伝わってきそうです☆(mitsuuuaさん)

そのままにしておくと、やがて消えてしまうエコー写真。母子手帳にメモしたコメントを活用して、エコー写真アルバムを記念に作成するなんて良いアイデアですね!その時の思いがよく伝わってきそうです☆

 

予防接種や成長曲線を確認

 
どの自治体かにかかわらず、予防接種の記録ページや成長曲線が載っていることが多いようです。予防接種の状況を確認したい時、お子さんの成長の様子を平均と比べてみたい時、母子手帳が大活躍です!

 

予防接種の管理や成長曲線の確認が主ですね!区切り区切りでコメントも残してます。時々振り返るとまた一段と成長を感じて愛しくなります(たいがくんママさん)
予防接種を受ける時期(予定の日)を病院の看護婦さんに母子手帳に鉛筆書きして貰ったので、目安・参考にしています。(ゆうゆうさん)
成長曲線を見たり、ウンチの色を見たりしました。予防接種がもっとわかりやすい表になっていたらいいのになー(えだまめさん)

意外と種類が多くて混乱しそうな予防接種。よく見る母子手帳だからこそ、わかりやすい表になっていると助かりますよね。また、赤ちゃんの体調によって変わるうんちの色を確認できるページがとても参考になるという声もありました。

 

出産後の成長の様子も記録!

 
妊娠中から出産、育児中まですべての成長記録がつまった母子手帳。お子さんが小さかった頃の様子がとてもコンパクトにまとまっています。なかには、成長の様子を丁寧に記して、将来お子さんが大きくなった時に渡す予定という方も♪

 

初めて寝返りした日などをメモする記念日の欄や、生まれたときの気持ちを書き込むページ、妊娠中の思い出のメモ、母親学級の参加履歴、など、病院で書き込んでもらう欄以外にもたくさん書き込んでいます(えり子さん)
上の子の時に初めて、母子手帳が「親子健康手帳」になっていることを知りました。私の住んでいる町の健康手帳は、お母さんだけでなく、お父さんや家族みんなが書き込める手帳です。赤ちゃんの性別が分かった日記念日・ハイハイ記念日などを書き記しました(さっちゃん♪さん)
一歳になるまでは毎月身長体重を計り記録していました(^o^)節目の成長の記録も毎回記入しています♪将来娘に渡してあげたいのでこれからも続けたいです(^o^)(MKYKさん)

育児中の忙しい日々だと、お子さんがいつどんなことができたか忘れてしまいやすいと感じているかたも多いのでは?!新しい発見があった日は、忘れないうちに身近にある母子手帳にメモしておくと良いかもしれません☆

 
 
いかがでしたか?母子手帳には成長の記録を記すためだけでなく、妊娠中や育児中に役立つ情報がたくさん載っています。実はゆっくり見たことがなくて…という方はこの機会にぜひ目を通してみてくださいね(^^)
このほかにも、プレママやママになってから感じる疑問などがありましたら、ぜひGOO.N(グーン) MOMコミュニティへ♪「これがあれば過ごしやすい!」「これは役に立った!」など、お役立ち情報も大歓迎ですよ。

■関連トピック
みんなは母子手帳をどのように活用している?!
 
■関連記事
プレママ、理想のママ像☆赤ちゃんが生まれたらこんなママになりたい
エコー写真アルバムを作ろう!~マスキングテープコツ編~
これでばっちり!みんなの予防接種スケジュール管理術

感想やコメントはこちらから
コミュニティに参加する