介護でつながる輪

鎌田實先生トークイベント「がんばらない介護生活~生きていく力になる。~」のレポートをお届け!

2018年12月10日、埼玉にて鎌田實先生によるトークイベントが開催されました。
まずは、鎌田實先生について、ご紹介いたしましょう。

鎌田實先生 プロフィール

鎌田實先生
長野県の諏訪中央病院にて地域医療に携わり、また、イラク支援など、国際医療支援活動にも取り組まれています。ベストセラー「がんばらない」をはじめ、多数の著書も執筆。TV番組のコメンテーターや、ラジオ出演などでもご活躍中です。
 
▶︎鎌田實先生について詳しくはこちら→オフィシャルウェブサイト

「あ、この方、テレビで見たことがある!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。TVにも執筆にも活躍中の鎌田先生の貴重なお話が聞ける本トークイベント。
今回のタイトルは「がんばらない介護生活~生きていく力になる。~」
「けあのわ」にピッタリなタイトルだと思いませんか?さっそく「けあのわ」スタッフが、会場に行ってみました!

イベント当日は、冬真っただ中にも関わらず、抜けるような晴天!

まるで今回のイベントの盛り上がりを、暗示するかのように、とても気持ちのいいお天気でした。
会場の階段を上がると、驚くほどにたくさんの人、人、人…会場スタッフに聞いてみると、なんと予想以上にたくさんのお客様がいらっしゃったため、開場予定時間前にみなさんに入っていただいたとのこと。

今回のイベントでは、アテント製品の試供品配布や、無料健康相談コーナーの設置、鎌田實先生のサイン会などなど…トークイベント以外にもさまざまな企画が用意されていました。

無料相談コーナーでは、管理栄養士さんと熱心に話し込む姿も多々見られました。介護と栄養のある食事、切っても切り離せない大事な関係ですよね。みなさん、とても真剣な表情でしたよ。

そして…、ステージにあるものを発見!

こ…これはアテントの商品たちではありませんか!

アテントの「下着安心+」や「夜一枚安心パッド」などが、ドーンと設置されていました!
実は、鎌田先生はアテントのおむつ開発に協力されていたとのこと。アテントのおむつをはいたまま、スキーや運動に挑戦されたそうです。みなさんが手に取ったアテントのおむつには、鎌田先生の努力も含まれているんですね。

さてトークイベントは始まる頃には、もうほとんどの席が埋まってしまう状況に!
今回のイベントには、1,250名の方が参加されているとのこと…ご覧ください、まさに満員御礼状態です!

それだけみなさんが、鎌田先生のお話と介護について、強い興味関心をお持ちなのだと思います。会場のテンションが上がっていく中、いよいよ鎌田先生のご登場です!

トークイベントでは、こんなテーマでお話がありました。

【1】自分の命は、自分で決めること

今は、「人生100年」と言われる時代…老化だけでなく、病気、家庭環境の変化など、さまざまなことが起きていきます。その起きたことに対してグチを言わず、「それを踏まえて、どう生きるか」を、ご家族にお任せせず、自分自身で考える姿勢が大事だというお話でした。
自分の命をどうするかは、自分で決めましょう、という鎌田先生のお言葉が胸に染み入りました。

【2】みなさん、「フレイル」って知ってますか?

次に鎌田先生がこのように質問されたところ、会場の多くの方が「知ってます!」と手を挙げていました。
フレイル(虚弱)とは、高齢になることで筋力や精神面が衰える状態をさす言葉。
鎌田先生は、今回「3つのフレイル」を上げていました。

1:筋肉のフレイル
2:口腔のフレイル
3:社会的フレイル

実は、この「3つのフレイル」はご自分の行動により、予防することが出来るんです!
高齢になり、筋肉が衰えて寝たきりになるなどの恐れがある「筋肉のフレイル」を防ぐためにもっとも大事なことは「筋肉や骨を弱くしないこと」…そう、運動です!
といっても、ハードなものではなく、ウォーキングやちょっとした運動でOKとのこと。
そこで、なんと鎌田先生と会場のみなさんで、スクワットを行いました!
1,250名+鎌田先生が一斉に、スクワットを行う光景はなかなかすごいものがありましたが、みなさん、楽しそうにスクワットを試されていました。
他にも「鎌田流かかと落とし」という運動も教えていただき、鎌田先生曰く
「筋肉のフレイルを防ぐためには、『やるか、やらないか』。これだけですよ!」
と力強くおっしゃってました。

さらに、「口腔のフレイル」を防ぐためには、「高齢になっても、お肉をどんどん食べること」を大推奨!
高齢になったからといって柔らかいものを食べるのではなく、ちょっと固いものでも食べてみたり、お肉、お魚…つまり「タンパク質」を摂ったり。そうそう、お野菜も大事です。お忘れなく♪

最後の「社会的フレイル」を防ぐためには、ちょっとでも外出したり、誰かとおしゃべりをしたり、楽しくおしゃべりをしながら食事をしたり…そういった「ちょっとした社会的なふれあい」をやめないようにすることが大事だとおっしゃってました。
「つまり、このイベントに参加している人たちは、社会的フレイルは防げているということです!」
という鎌田先生のお言葉に、みなさん、ホッとした表情。
「外出する時に、トイレが心配な方にはアテントがあります!安心して外に出ましょう!」
というありがたい一言もいただきました!みなさん、安心して外出いたしましょう!

【3】誰かのために、手をさしのべること

鎌田先生は最後に「人生に対する美しい意識を持とう」と語られました。
「自分の人生の1%でいいので、誰かのために生きる。そんな美意識を持つことで、人生がより豊かに深く、すばらしいものになりますよ。」
鎌田先生のお話に、何度も頷く方がたくさんいらっしゃったのが、とても印象に残った今回のトークイベントでした。

さて、トークイベントが終わった後、鎌田先生のサイン会がありました!

スタッフは遠目からしかお姿がうかがえませんでしたが…鎌田先生は終始笑顔で、みなさんにお応えされていました。こうやってサインをいただくのも、「社会的フレイル」を防ぐ一環ですね、鎌田先生!

いかがだったでしょうか?今回のトークイベントでは、みなさんが一斉にスクワットをしたり、鎌田先生がお客様と対話したり、ジーンとするお話をされたりと、とても充実したお時間となりました。
介護の大変さ、病気の苦しさ、精神的な辛さ…介護を受ける方も介護をされる方も、とてもご負担がかかる日々。そんな中にも、鎌田先生がおっしゃったように「人生に美意識」を持って生きることの大切さを感じた今回のイベントでした。

こちらのページへの感想もぜひお聞かせください。

このページのトップに戻る