介護でつながる輪

第3話:まるで時代劇?おっかさんゴハンだよぉ~|オダ家は今日も泣き笑い!

要介護2のご両親を介護中のオダさん。
その介護生活は、ユーモラスな中にも、どことなくしんみりすることもあり…ご自身の体験と重なるところがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。^^

さて、この日のオダ家では、どんな出来事があったのでしょう…?
それでは、第3話をご覧ください!

 

■第3話■まるで時代劇?おっかさんゴハンだよぉ~

 

こんにちは!オダカツラです。

さまざまな介助をヘルパーさんにお願いしながらの介護生活なので、
私がおむつ交換や食事介助を日常的にすることはないのですが、
できることにこしたことはないので、先日、おむつ交換と一緒に、
「寝たきりの母にごはんを食べさせる」ということもやってみました。

 
第3話:まるで時代劇?おっかさんゴハンだよぉ~
 

今日の母の朝食のメニューは、雑炊・玉子焼き・里芋を潰したやつ・ヨーグルト。
母は誤嚥注意なので、喉の通りが良さそうなやわらかい食べ物ばかり。

さて、母にごはんを食べさせよう。
あれ?こういう行為は、何気に生まれて…うん…そうだわ…初めてだ!

おそるおそる適当な量をスプーンですくい、母に食べてもらう。
ん?なんかこれ、時代劇でよく出てくるあのシーン…

 
第3話:まるで時代劇?おっかさんゴハンだよぉ~
 

っぽい!?(セリフはお気になさらぬよう!)
いやぁ…ついにこの日がきたかぁ…。

体重が26キロで食が細い母ですが、ほぼ完食。
初の『おっかさん、ごはんだよぉ~』は、母の食欲があってホッとした結果となりました。

(オダカツラ)


いかがでしょうか?
「けあのわ」のみなさんの中でも、食事介助の経験がある方は少なくないと思いますが、初めての時はとっても緊張するものですよね。

オダさんと同じように、やわらかいものを選んで、食べやすい量に気を付けて、ドキドキしながらそ~っと口に運んであげて…。でも、その緊張の瞬間に、こんな楽しい場面が頭に浮かぶ方はそう多くはないのでは?!

こちらのトピックでは、みなさんの食事介助の様子や初めての食事介助の思い出などを、ぜひコメントで教えてくださいね。オダさんのマンガコラムをきっかけに、みなさん同士で介護に関するコミュニケーションを楽しんでいただけるとうれしいです。(オダさんのコラムを見た感想もお待ちしています!)

 

こちらのページへの感想もぜひお聞かせください。

 

【これまでのコラムはこちらからどうぞ!】

第1話:おむつ交換の練習、はじまりました
第2話:「忘れて丁度良い」のでは?

■アテント 商品紹介

パンツタイプ
テープタイプ
 

\インターネットや電話で買い物→ご自宅にお届け!/

「重い…」「かさばる…」と、大変な買いものにはさようなら!
アテントの公式オンラインショップにて大人用紙おむつや尿とりパッドをご購入いただければ、ご自宅にお届けします!
エリエール オンラインショップ 介護用品

★いまなら、会員登録(無料)していただいた方に500円OFFクーポンをプレゼント中!!
新規登録キャンペーン

このページのトップに戻る