大掃除を1人でやるのはとっても大変ですよね。手伝ってくれる家族は強い味方!頼りになるのは夫?子ども??正直なところを聞いてみました!

 

 

旦那派

褒め殺し作戦

旦那に手伝ってもらうことが多いです。とにかく褒めて手伝ってもらいます。 「もっとできるのに」と思うようなことでもしっかり褒めて、感心します。 手の届かないところやちょっと力がいるものをどかすときなど、男の人に頼めば自分ひとりでするよりあっという間に終わるときもありますので。

nikoさん


おこづかいを盾に

ボーナスから夫へのおこづかいを渡すかわりに、それを盾にとって掃除を手伝ってもらう。

ぴろぴろさん


分担とご褒美で

分担を決めて、短時間で済ませるようにしている。終わったら、ビールと美味しいつまみを食べられるようにするとテンションがあがる。 協力を得られない場合は、しばらく家出して、主婦のありがたみがわかるまで帰りません。

ぽちさん


褒めて伸ばす

夫が掃除したところを見て、ひとりごとのように、でも聞こえるくらいの声で「すごいきれいになってる!」と感激した声をあげること。 俺が掃除したから綺麗になったと喜んで、ますますやる気になってくれる。

うーさん


比較して褒める!

力仕事を主人に頼みたい時は「近所の人が、ご主人はいろいろやってくれて、羨ましいわって言ってたよ」「あなたがいろいろ手伝ってくれるから、すごい助かる」などと褒めまくってやってもらいます。

みいさん


課題を可視化!明確に

旦那の仕事をリストアップ。大掃除だけはやることさえ明確にしておくとしてくれる。

ちゅこさん


全部任せる

主人はマメなので、全部任せると徹底的にしてくれると思います。

ひつじさん


子ども派

子どもゴコロをそそるグッズで

自分がまず掃除をして汚れを拭きとったぞうきんなどを見せて、ピカピカになったことを教える。キレイにすると気持ちがいいという事を教える。コロコロなど子どもが好きそうな掃除グッズを持たせる。

ままっちょさん


学校でついた習慣を家で実践

学校でやっているような場所は子どもたちにやってもらう。 かわいい雑巾などを購入する。

ひいこさん


雑巾がけなら

上の子どもは、床の雑巾がけなら手伝ってくれると思う。

ピヨピヨさん


子どもにしつけて

自分できることは自分でという習慣を日ごろから身に付けておく。 普段から家の中をきれいにする姿などを見せ、自然と身に付くようにする。

shokohetaiさん


〜大会、と盛り上げる!

子どもに窓拭き・床磨きをしてもらう。一人ずつ雑巾を渡して、「窓拭き(床拭き)大会をしよう!」というと、喜んで手伝ってくれる。

yukiさん


好きなことから

掃除機や住居用ワイパーは好きなので 興味のあることからやってもらおうと思っています。

はなはなさん


出来ることから

床拭きや窓拭きなど、子どもができることから手伝ってもらってます。

ままんさん


ゲーム感覚で

子どもとゲーム感覚で競いながら窓拭きをする。

minnminnさん


 

その他のママさんはどうしてる?
「家族みんなを巻き込みます」、「お母さん一人で頑張ります!」などなど、家庭のお掃除事情をご紹介!

 

諦めも肝心

家族の協力は諦めています。頼む時間があったら、自分でやった方が早いし、やってもらえないことでイライラしないで済みます。

ruru33さん


言うべきことは伝えて

子どもは学校や幼稚園でしている拭き掃除や自分のものを片付けさせる。主人や親にも遠慮せず、しっかりと、してほしい事は伝える。

まごろくさん


助っ人はお母さん

母親が来た時などに、こまごま手伝ってもらっています。

すももさん


普段の心構えで

自分のことは自分でやろう! いつまでも要らない物を溜め込まない!普段から小まめに片づけよう!と言い続けているから、特に大掃除はしなくても大丈夫だ。

かござるさん


チェックリストで

いつ誰がどこをするのチェックシートを作る。

はざまっこ。さん


計画表で

主人も子ども達も巻き込んで、一緒にしています。 計画表を作って、終わったらシールを貼ったり、丸つけをしていくと喜んでいます。

ぽぽさん