親バカ集まれ! ウチの子が世界一!

 

親バカ集まれ! ウチの子が世界一!

ママじゃーにーvol.7いかがでしたか? くららちゃん、ダイニングテーブルの下にいてひと安心でしたね。普段の生活では気付きにくいですが、日常の出来事や子どもの仕草からママとしての自覚を実感することが多いそうです。
今回は、そんな「ママとしての自覚が芽生えた物語(ストーリー)」をご紹介いたします♪

 

子どものペースに合わせた生活

母になって5年弱、何事も子ども優先の考え方を無理なく自然にできるようになっているかも。第一子出産後は自分のペースをここまで乱されるかとだいぶストレスを感じていましたが、今はペースを乱されて当たり前、な感じでストレスをさらりとかわしています。

ham子さん


この子を守れるのは自分!…

ママ友といる時に、お互いの子どもが歩き始めでちょろちょろしてちょっとした危ない場面があり、友人が自分の子どもを注意している時。自分の子どもは私が注意したりしなくてはいけないんだ、この子を守れるのは自分しかいないんだと思った。

ももさん


娘の笑顔で…

出産後はバタバタして余裕が無かったせいか、しばらく母としての自覚はありませんでした。しばらくして育児に慣れてきた頃、娘が私を見て初めて笑った時に「私、お母さんになったんだ、この子を守っていかないと」と思いました。

モリさん


無条件に子どもを深く愛することができるのは、出産をして初めて知った気持ちでした。ただただ愛おしくて、悪阻や陣痛が吹っ飛ぶくらい、わが子を抱いた瞬間は感動的でした。

悪阻や陣痛も吹っ飛ぶ!

無条件に子どもを深く愛することができるのは、出産をして初めて知った気持ちでした。ただただ愛おしくて、悪阻や陣痛が吹っ飛ぶくらい、我が子を抱いた瞬間は感動的でした。

みーさん


食事内容の変化

私がいるうちはたくさん食べさせてあげたいと思うようになった。実は独身時代は偏食でごはんよりもケーキなどを食べていましたが、栄養バランスなどを考えるようになった。

マリンちゃんさん


自分にしかできないこと

出産直後のカンガルーケアのときに、教えてもいないのにおっぱいを上手に飲んでくれた時。他の人では泣きやまないときに自分には泣きやんでくれる時。「ママ!」と言われた時。

soraさん


こどもを保育園に入れることになったとき、お迎え時に子どもが泣きながら走ってきたのを見て、この子には私がいないとだめなんだと思い、守ってあげなくちゃと思いました。

保育園のお迎えで…

子どもを保育園に入れることになった時、お迎え時に子どもが泣きながら走ってきたのを見て、この子には私がいないとダメなんだと思い、守ってあげなくちゃ、と思いました。

たくえりままさん


食べてる時も買い物中も

常に子どものことを考えてしまう自分が母親になったんだなと感じます。食べてる時、子どもが好きかなとか、買い物も子どものものばかり目が行くとか。

まゆちんさん


子どもと違う部屋にいる時、子どもの小さい泣き声でも誰より一番はじめに気付くところ。

誰よりも最初に

子どもと違う部屋にいる時、子どもの小さい泣き声でも誰より一番はじめに気付くところ。

ひーちゃんさん


次回はみんなのどんなお話が聞けるのかな!?楽しみにしてま~す♪