今だから笑えるみんなの出産エピソード

 

ママじゃ~に~vol.1、いかがでしたか?「わかるー!」と思わず頷かれた方も多いのではないでしょうか。引き続き、くすっと笑えちゃうものからシリアスなものまで…さまざまな出産エピソードをお届けしますよ~!

 

次は無痛分娩にしようと決意しました。

和痛分娩だったのですが朝陣痛が始まり結局夕方になるまで注射は打ってくれなかったので陣痛はものすごく痛かったです。本当に何時間も耐えていると意識が朦朧とし吐くほどでした。そのあと注射をうち朦朧としているなかで出産。しかし出産してその後ぬっているときに麻酔がきれて再びものすごい痛みが・・・。次は無痛分娩にしようと決意しました。

ぶーちゃんさん


ぶっとい杭をガーン!ガーン!と打ち付けられるような感じだった。

痛みを文字で表現すると、肛門に想像もつかないくらいのぶっとい杭をガーン!ガーン!と打ち付けられるような感じだった。頭出て来ましたってくらいの時には痛みは無いけど踏ん張りどころが分りづらいのと呼吸が上手くできなくて苦しくて溺れてるみたいになった。

ぺっこさん


無理無理無理と叫びまくりました。

一人目は陣痛が痛すぎていつ出てきたのかわからなかった。二人目は陣痛はそこまでの痛さじゃなく、産む痛さが半端じゃなく骨盤を降りてくるのがわかったので痛みが凄すぎてパニックになりました。無理無理無理と叫びまくりました。

しーなーママさん


出産って命がけだと思った。

あまりに痛くてはやく出したいと焦ったのがいけなかったのか、呼吸がうまくいかなかったのか、とちゅうで赤ちゃんの心拍数がさがってきてしまいました。いそいで、吸引分娩に切り替え、先生がわたしのお腹を押さえ込んで押し出し、力ずくで引っ張り出してもらいました。赤ちゃんが生きてて良かった…出産って命がけだと思った瞬間でした。

ふーちゃんさん


 

いきむ時に馬鹿力が出てしまい…

私が早く陣痛の痛みから解放されたくて、いきむ時に馬鹿力が出てしまい、お医者さんが来る前に赤ちゃんが出てきてしまいました。当然会陰切開もできずに出てきたので、会陰裂傷が酷く、産後しばらく痛みに耐えるのが辛かったです。

しょうさん


いきむたびに足をつり、絶叫。

陣痛は平気だったが、2人目のとき、いきむたびに足をつり、そっちの方が痛くて「いたたたたー!足がー!足がー!!」と叫んでいた。

ふーちゃんさん


旦那は笑っちゃったと言っていた。

なかなか赤ちゃんが下りてこなくて、吸引分娩に。助産師さんが分娩台の頭の所に座り、お腹を思いっきり押され、下では先生に器具で思いっきり引っ張られ、もうなんか物凄い状況でした。旦那は笑っちゃったと言っていた。

こりすさん


肛門の位置が変わった気がします。

段々生むコツが分かってきて先生が来る前に、産んでしまい肛門近くまで裂けてしまいいっぱい縫われました。痛みはひと月続き、ウォッシュレットする時に肛門の位置が変わった気がします。

うえきちさん


 

大きな蛙の目玉部分を持ってマンションの中から病院まで…

自宅で産まれそうになってしまった。陣痛の短い合間で車まで移動していたのだが、抱き枕の大きな蛙の目玉部分を持って痛みを耐えていたのでそれを持ってマンションの中から病院まで移動した。今思えばとても目立っていたと思う。

ころすけさん


次は無痛分娩にしようと決意しました。

1日陣痛に耐え無眠の上、緊急帝王切開にするから何も飲まず食わずでいてくれといわれたのに結局普通分娩にしますと言われ体力的にもアウトだった。

つにさん


一人でひたすら耐え、痛くない時に飲み物を飲んでいました。

うちは立ち会い出産不可の産婦人科だったので、看護師さんはそばにいたのですが、何もしてくれなくて。さすってくれたり、飲み物を飲ませてくれる人もいなかったので、一人でひたすら耐え、痛くない時に飲み物を飲んでいました。今思うと、私偉いと思います。

ままままあたんさん