出産準備リスト | 4月生まれの一覧表!春生まれ赤ちゃんの最低限の肌着や服は?

 
暖かな日差しも多くなる4月。
新年度、新学期と、新しい切り替えの時期ですね。
 
春になって暖かな日も増え、過ごしやすい季節ではありますが、肌寒く朝夕と日中の寒暖差が大きい日もあります。そんな4月生まれの赤ちゃんの出産準備品はどんなものを揃えておくとよいのか、ぜひ、リストを参考になさってください。
 

 

 

4月生まれの出産準備リスト一覧表

4月生まれの赤ちゃんを迎えるための出産準備品について、平均的なものをリストにしました。必要最低限の準備品をチェックしていただき、お住まいの地域の状況も鑑みた上で、参考にしてみてください。

 

 

出産準備品リスト(PDF)はこちら

 

4月はこんな季節

 

入学式や入社式など、真新しい制服やリクルートスーツなどを見かける機会も多く、爽やかな気持ちになる4月。桜の花も開き、まさにピンク色がぴったりな柔らかく優しい気持ちになれる季節ですね。気持ちも新たに襟を正したくなる月です。
柔らかい日差しの暖かい日が増えてくる季節ではありますが、薄手のコートやカーディガンなどの羽織りものが手放せないように、日中と朝夕の寒暖差もまだまだ大きいです。
 

 

4月生まれに最低限必要な服や肌着は?

 

季節の変わり目の4月はお住まいの地域によって、準備する服や肌着類に違いが出てきます。まだまだ寒いだろうと暖かな素材の割と厚手のものを用意しておいたけど、結局使わなかったなんてこともあります。東京の過去の4月の気温のデータを見ても、最高気温が10度くらいの日もあれば、20度を越える日もあり、ばらつきが大きくなっています。
 
早めの準備はミルク周りのものや寝具、沐浴のためのアイテムなど、最低限のものにとどめ、衣類は生まれる間近になってから気候を見て通信販売で買い揃えていくようにすると、無駄がなくてよいかもしれません。
 
また、初めての赤ちゃんの場合、ベビーベッドやベビーカーなども一式準備したくなりますが、意外といらなかったな…と後々になって思うアイテムもあります。
 
みなさんそれぞれのスタイルがあると思いますので、共感したママの声を参考に、あまり必要でないものはレンタルやフリマ、リサイクルなどの活用も視野に入れると、無駄なく効率よく揃えられると思います。
 
服については、基本的には長袖のカバーオールやカーディガン、ソックス、あとお包みがあると便利です。
 
肌着は綿100%の吸湿性と通気性に優れた、肌触りのよいものを選んであげましょう。赤ちゃんのお肌はとても敏感なので、肌触りも柔らかく、伸縮性に優れ、脱ぎ着させやすい「フライス」という生地がおすすめです。
 
暖かな地域にお住まいでしたら、「ガーゼ」素材を選んでもよいでしょう。汗もしっかり吸収してくれ、何より通気性に優れているため、汗疹(あせも)などの心配も減り、赤ちゃんも快適に過ごせると思いますよ。
 
生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど室内で過ごすため、基本的には肌着の重ね着と室温で体温調節してあげます。ひと月もすると、平均気温もだいぶ上がり、外に出られる頃には夏の準備の季節となってきますので、出産準備品として洋服は多く買いすぎなくても良さそうです。
 

 

お出かけの機会も多い春生まれの赤ちゃん

 

4月はあたたかい日も多くなり、生後しばらく経つとお出かけできる日も多くなります。その際に注意したいのが、紫外線対策です。赤ちゃんのお肌は敏感です。毎日の保湿ケアに加え、お出かけの際はしっかりUVケアもお忘れなく。ベビーカーのホロでしっかり覆ってあげたり、フードのついた抱っこひもなどですっぽり包んであげたり、帽子を被せてあげるのもよいです。
 
ベビーカーを利用する際は、汗対策も考えてあげましょう。赤ちゃんはベビーカーに乗せると首や背中にたくさん汗をかきます。特に日中気温が高い日などは、ベビーカーを清潔に保ったり汗疹を予防したりする意味でも、専用シートの洗い替えを用意しておくとよいでしょう。
 

 

まとめ

 

    • 朝夕と日中の寒暖差は大きいが、準備品は最低限に抑え、気候に合わせて必要に応じて購入を。

 

    • 肌着は綿100%のフライスやガーゼなど、通気性に優れたものを準備。

 

    • お出かけの際は、ベビーカーや抱っこひもで直接当たる日差しを遮るなど、紫外線対策を忘れずに。

 

    • 暖かくなって汗もかきやすい季節なので、室内でも屋外でも体温調節や着替えなどこまめに気にかけて。

 

 
4月生まれの赤ちゃんの出産準備品は、産前に準備しすぎないようにしましょう。産後にその年の気候、お住まいの地域の気候に合わせて買い足していくようにすると無駄がなく経済的です。周りのママたちに聞いてみて、準備品を検討するのもよいでしょう。