出産準備リスト | 3月生まれの一覧表!春生まれ赤ちゃんの最低限必要な服装は?

 
3月は、日増しに寒さも和らぎ、日差しも暖かく変わりつつある時期です。
 
とはいえ、季節の変わり目なので、まだまだ風が冷たく冷え込む日もあり、寒暖差も大きいです。赤ちゃんは自分で上手に体温調節ができないため、羽織りものや脱ぎ着がしやすいアイテムで、気温に合わせて体温を調節してあげる必要があります。
 
寒い日はしっかり防寒対策、暖かい日は汗対策と、用意する親御さんは忙しいと思います。
3月生まれの赤ちゃんの出産準備品はどんなものを揃えておくとよいのか、ぜひ、リストを参考になさってください。
 

 

 

3月生まれの出産準備リスト一覧表

3月生まれの赤ちゃんを迎えるための出産準備品について、平均的なものをリストにしてみました。必要最低限の準備品をチェックしていただき、お住まいの地域の状況も鑑みた上で、参考にしてみてください。

 

 

出産準備品リスト(PDF)はこちら

 

3月はこんな季節

 

3月は日中と朝夕の気温差が大きくなりがち。草木も芽吹き始め、春を感じる日も多くなりますが、大人でもお出かけの際の服装を迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんは自分で体温調節ができません。ですので、暖房や衣服の調整で、赤ちゃんにとって快適な環境を用意してあげられるようにしましょう。
 

 

3月生まれに最低限必要な服装は?

 

3月から4月にかけて、まだまだ寒い日も多いため、心配になっていろいろ準備したくなりがち。ですが、冬物や春物といろいろ買い揃えてしまうと、結局使わずに無駄になってしまうことも多々あります。特に、新生児用の厚手の冬物は来年着ることはできないため、購入には慎重になる必要があります。
 
基本的には「必要なら買い足す」というつもりで、まずは最低限のアイテムだけを事前に準備しておくという方法をおすすめします。お住まいの地域によって、気温の違いも大きいと思いますので、気候にあったものを買い足すようにしてください。
 
3月生まれの赤ちゃんに最低限必要な服装は、脱ぎ着しやすい肌着類や、頻繁に温度調節できるおくるみベストなどがメインアイテムになります。夜は冷え込む日が多いと思われますので、スリーパーも用意しておくと安心です。
 
ちなみに、スリーパーはちょっとサイズ大きめのものを用意してあげることをおすすめします。赤ちゃんのときだけじゃなく、3歳、4歳と幼稚園児になっても使えるくらい、だいぶ長く活躍してくれるアイテムです。ふわふわの羽毛を使ったものなど、ちょっと良いものを用意してあげると長持ちしてくれるので、コスパも良いです。
 
3月でも乾燥が強い季節なので、加湿器は用意しておいた方が良いでしょう。お部屋の環境を快適にしてあげる、暖房や加湿器に加えて温湿度計も大切なアイテムです。
 

 

春生まれのベビー服、おすすめの素材は?

 

春生まれの服や肌着には、綿100%の物を選ぶようにしましょう。
 
コットン素材は吸湿性と通気性に優れ、肌触りも良いので、肌が敏感な新生児に優しい素材です。
 
一口にコットン素材と言っても、編み方、織り方によって様々な種類がありますが、この時季の赤ちゃんにおすすめなのは「フライス」という生地です。フライスは、リブ編みなので伸縮性が高く、脱ぎ着させやすいです。また、肌触りもやわらかいため、肌着に多く使われています。
 
また、室内の暖房による汗対策として、通気性に優れ、汗もしっかり吸収してくれる「ガーゼ」素材もおすすめです。ただ、ガーゼ素材は伸縮性がないため、アイテムを選びましょう。例えば、短肌着はガーゼ素材にし、体温調節のために脱ぎ着させることが多いコンビ肌着やボディスーツなどはフライス素材を選ぶようにすると、親御さんも、赤ちゃんもストレスなく快適に過ごすごとができるのではないでしょうか。
 

 

春生まれの赤ちゃんに気をつけてあげたいこと

 

春生まれの赤ちゃんに体温調節とともに気をつけてあげたいのは、乾燥対策紫外線対策です。
 
まずは、乾燥対策ですが、3月はまだまだ寒い日も多いので、室内で暖房を使って室温を調節する必要があるでしょう。その際に、多くのご家庭でエアコンを使用すると思いますが、エアコンを使うとお部屋はとっても乾燥します。暖房と一緒に、しっかり加湿してあげるようにしてください。加湿することで体感温度も上がりますので、暖房の省エネにもつながります。
 
もう一つの紫外線対策について、1ヶ月検診の頃にはだいぶ日差しも強くなる日も多くなり、それに伴い紫外線の量も増えてきます。ただでさえ敏感な赤ちゃんの肌。毎日の保湿スキンケアに加え、特にお出かけの際はしっかりUVケアもしてあげるようにしましょう。
 

 

まとめ

 

    • 暖房と衣服の調整でこまめに体温調節をしてあげる。

 

    • 出産準備品は、最低限の準備に抑え、気候に合わせて必要に応じて買い足すスタンスで。

 

    • 春生まれの赤ちゃんにおすすめの素材は「フライス」や「ガーゼ」など、通気性や吸湿性に優れた綿100%。

 

    • スキンケアは保湿対策と合わせて紫外線対策もしてあげる。

 

 
3月生まれの赤ちゃんは季節の変わり目ということもあり、万全の準備をしようとすると防寒対策、汗対策、乾燥対策、紫外線対策とカバーする範囲が広くなり、揃えるアイテムも多くなってしまいます。事前の準備は最低限に抑えておき、その時々の気候に合わせて必要なものを買い足していくというスタンスでいる方が無駄も少なくなるでしょう。