出産準備リスト | 11月生まれの一覧表!秋生まれの肌着の枚数や洋服の着せ方は?
 
寒さも本格化し始める11月。
 
とはいえ、寒い地域だと気温が10度を下回るけれど、暖かい地域だと平均気温が20度を越えるところもあり、地域による気温差がとても大きい季節でもあります。
 
気温の低下に対して暖房で調節をするため、生まれたばかりの赤ちゃんにとって快適な環境を常にキープするのも大変な季節ではありますが、お住まいの地域の気候を考慮しつつ、準備品をそろえる際の参考にしてください。

 

 

11月生まれの出産準備リスト一覧表

11月生まれの赤ちゃんを迎えるための出産準備品について、平均的な準備品をリスト化していますが、必要最低限のアイテムに加え、お住まいの地域の気候に応じて準備するものは記事を参考にご準備ください。

 

 

出産準備品リスト(PDF)はこちら

 

11月はこんな季節

 

11月は「霜月」と呼ばれています。文字通り霜が降るくらい気温が下がる寒い月ということですね。月初めには立冬の日があり、いよいよ秋も終わり冬が本格化する季節です。

 

11月生まれの肌着の枚数や洋服の着せ方は?

 

この月に生まれる赤ちゃんにとって心配なのは、やはり寒さ。そして、侮れないのが、空気の乾燥です。
 
まずは、寒さ対策。
 
と言っても、生まれたばかりの赤ちゃんの最初の1ヶ月はほぼ外出する機会はないため、外気にふれることも滅多にないでしょう。ほとんどの時間を室内で過ごすことになります。室内は暖房で常に暖かい状態にあると思いますので、厚手すぎる素材の服や着せすぎに注意してください。
 
寒さで風邪をひいたら大変!と心配しすぎて、ついつい着せすぎてしまっている場合も多いです。すると、赤ちゃんも汗をかいてしまい、「あせも」の原因に。基本的に、室内で過ごしているときは、脱ぎ着しやすく、生地や素材はあまり厚手じゃないものを重ね着させて、赤ちゃんが汗をかいていないかどうかを気にかけるようにしてあげてください。汗をかいているようであれば、暖房の設定温度や、重ねている衣服の量で調整してあげるようにしましょう。
 
肌着も重ね着を前提に準備してください。足まですっぽり包める長肌着をメインにして、中には短肌着、その上にコンビ肌着と重ねてあげるとよいです。汗をかいたらすぐに着替えられるよう、短肌着は少し多めに5〜7枚くらい、コンビ肌着は5枚くらい準備しておけば十分でしょう。
 
日中、ちょっと寒いかな?と感じた時のために、ベストも用意しておくと便利です。袖がないので、簡単に羽織らせたり脱がせたりできるので、微調整にはもってこいのアイテムと言えます。
 
あとは、おくるみを使って調節するのもおすすめ。伸縮性がある素材のおくるみでぎゅっと包んであげると、保温効果プラス、よく眠ってくれるという嬉しい状況も期待できます。

 

用意しておいたほうがよいアイテム

 

朝晩の冷え込み対策として、スリーパーを準備しておくととても便利です。袖のないノースリーブタイプを選ぶと、脱ぎ着せもしやすいです。フリース素材や綿など様々なものがありますが、おすすめは羽毛入りのもの。まさにお布団を着ている感じです。暑いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、羽毛は保温性に優れているのはもちろんのこと、吸湿性・放湿性にも優れているため、汗をかいても蒸れにくく、羽毛によってつくられた空気の壁が温かさを保ってくれるので、寝冷えが心配になる寒い夜にはうってつけです。しかも、掛け布団と違って直接着せるため、布団がずれて赤ちゃんを冷やしてしまうということもありません。
 
あと、空気の乾燥対策として、加湿器は必須と言えるかもしれません。風邪がはやる理由として、空気の乾燥が大きく関わっています。冬になると、ウイルスが含んでいる水分を乾燥した空気が蒸発させるため、ウイルスはその分軽くなって空気中を浮遊するようになるのだそうです。合わせて、気温の低下で体の抵抗力が下がっているため、口や鼻から侵入したウイルスによって、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるのだと考えられているそうです。
 
加湿器を使用して室内の湿度を一定の水準で保つことで、ウイルスの活性化も防げるようになります。部屋ごとに温湿度計を用意し、常に家の中の温度と湿度をちょうどいい数値で保つことは、効果的な予防策のひとつとなるでしょう。
 
部屋の温度はだいたい20〜22度、湿度は45〜60%くらいを目安に、赤ちゃんにとっても無理のない快適な室内を保ってあげるようにしましょう。
 
ちょっとした心がけではありますが、バスタオルなどはあえて部屋干しを選ぶようにするとよいかもしれません。濡れたタオルや洗濯物を室内に吊るしておくだけでも、乾燥対策としての効き目は期待できるでしょう。

 

まとめ

 

  • 11月に入ると寒さも本格化し始めるが、地域による温度差も大きい季節。
  •  

  • 室内では肌着をメインに重ね着で対応し、厚手すぎる生地のものは避けたほうが、赤ちゃんの状態に合わせて調整しやすい。
  •  

  • ちょっとした温度調整には、ベストやスリーパーなどの軽い羽織物や、おくるみを素材違いで準備しておくと便利。
  •  

  • 快適な室内を保てるよう、気候に影響を受けずに温度・湿度を調節できるよう、加湿器や暖房を準備しておく。

 
11月生まれの出産準備は、本格的な寒さに備え、主に室内環境を整えることに重点をおき、肌着や服などは、外気よりは室内の環境や赤ちゃんの状態に合わせて細かく調整する感じになるでしょう。
 
生後1ヶ月に行われる健診までは、そうそう外気にふれる機会もないと思われますので、冬物を準備するというよりは、室内の環境や赤ちゃんの状況に細かく調整できるよう、厚手のものではなくオールシーズン対応の素材で準備するのがよいでしょう。