妊婦生活が始まった時期に突然やってくるつわり…。
つわりが治まるまでの間、かなり苦労をしたという先輩ママも多数のご様子!
そんな先輩ママたちが実践していたつわり対策を教えてもらいました!

 

 

炭酸飲料

炭酸飲料

「匂いに敏感…」「何も食べれない…」そんな時に使える!

 

お茶さえも受け付けない…

あまりにひどく、水分さえもとれなくなったので入院し、悪阻と診断された。何を食べても気持ちが悪く、水分も受け付けなかったので入院中は一日3本の点滴。退院しても約3週間は毎日点滴をうつために通院した。寝ているとき以外は常に吐き気があり、お茶も受け付けなかったので水と炭酸水を飲んでいた。もともと太め体系ではあったが、短期間で11キロ体重が落ちた。

ちいちゃんさん


つわりで敏感になった嗅覚がつらかった

日常のにおいに敏感で、石けんや洗剤、シャンプーなどもダメ。子供のオムツ替えはマスクをして、オエオエ言いながらの生活。警察犬並みの嗅覚がつらかったです。炭酸水を飲んでゲップを出しやすくしたり、つわりに効く漢方をのんでいます。吐き気が押さえられるツボ(手首にある)や、唾液が押さえられるツボを押すと瞬間的には良くなりました。

こたつたこさん


吐き気をおさえるために…

匂いという匂いがダメだった。食べ物はもちろん、お店の匂いだったり冷蔵庫の匂いだったり。特に困ったのが仕事帰りの主人の匂い。お仕事してくれてヘトヘトなのに快く出迎えられず、むしろ帰ってくる時間になると憂鬱で申し訳なかった。匂いをごまかすためにマスクしたりミンティアを食べたり、炭酸を飲んで吐き気を抑えていました。

のりさん


忙しい朝に無糖の炭酸水!

朝食後仕事へ出かけようとバタバタしていると戻してしまった事。対策は無糖の炭酸水を飲んでいました。

ひろんちさん


 

柑橘系

柑橘系

気分が悪い時でも柑橘系なら食べられるかも!? 香りでリフレッシュ効果も♪

大勢の人がいるところでの対策

常に乗り物酔いをしている状態が1日中続いている感じ。すっきりせず特に人ごみや電車など混み合った中にいるとひどくなった。特効薬は残念ながらないが、気休めとして、マスクの中に柑橘系の香りをしみこませたティッシュを入れて匂いを紛らわせた。

メロッチさん


妊娠3ヶ月頃の食事は…

妊娠3ヶ月頃、午前中はずっと嘔吐していた。食事はミカンしか受け付けず、体重が3kg落ちてしまいました。

モリさん


長期のつわりを乗り越える!

食べても食べなくても気持ちが悪いのが5カ月まで続きました。オレンジにはまって常にタッパーに入れて冷蔵庫へ保管してました。

nezu0610さん


さっぱりした香りで紛らわす

食べ悪阻で、とにかく胃の中に何か入っていないと気持ちが悪かった。朝起きた時が一番辛かった。 匂いにも敏感になり、ゴミだしなどが大変でした。バスなど人が密集している乗り物には吐き気がひどくて乗れませんでした。グレープフルーツやスウィーティーなどのさっぱりした香りをかぐと、少しは紛れました。

みーさん


すぐに食べられるものを常備

すぐに食べられるものを常備

「空腹になると気持ち悪い…」そんな食べづわりタイプの方、必見!

空腹時に気分が悪くなる…

つわりは軽く、空腹時に気分が悪くなる程度空腹を満たすために、チョコレートや飴などをなめていた。

yuuさん


つわり中の仕事を乗り切る!

軽かったものの、食べづわりで、仕事中も吐き気がしてしまい、小さなおにぎりを幾つも作って持参し、合間合間で食べながら耐えていました。

華音さん


お出かけの時のかばんに常に入れておく

つわりは軽かったです。上の子の時にはお腹がすくと気分が悪くなったので、常にすぐ口に入れられるものをかばんに常備していました。下の子の時には全くつわりがありませんでした。

二児のママさん


体重管理も考えながら…

吐くほどでも無かったが朝起きてから1日中口の中が気持ち悪かった。常に何か口に入れていないと気持ち悪いので何かしら食べていた。太るので飴や小魚などおつまみ系を常に食べていた。

konちゃんさん