“子連れ旅行のコツ”を知りたい!はじめての飛行機 〜搭乗編〜

搭乗編

前回の「子どもと一緒にはじめての飛行機 〜準備編〜」に引き続き、今回は搭乗編です!飛行機に乗る準備も万全に整え、いざはじめてのフライト。ちょっぴり緊張や不安もあるかも知れませんが、楽しい空の旅が待っています♪

 

~出発当日~
いよいよ出発!

 

子連れで旅行するときのコツ4
※空港のキッズルーム

事前準備も済んで、いよいよ出発当日!・・・ですが、子どもと荷物を抱えての移動はとても大変。。車移動などで、できるだけ体力を温存したり、定額タクシーを使用したりするのも便利そうです。電車やバスで移動の場合、大きな荷物は空港へ事前に配送しておくのもひとつの手かもしれません。空港に到着してからの過ごし方も気になるところですね。

 

空港での過ごし方

 
まずは早めにチェックイン。座席、バシネット(ベビーベッド)、チャイルドミールの確認を。出発までは、空港内にあるキッズスペースで存分に遊ばせて疲れさせ、機内で寝てくれるように調整をすると良いです。搭乗前に食事をさせると、離陸時には寝てくれる可能性大です

空港内にキッズスペースがあるなんて、とても嬉しいですね!同じように小さなお友達と遊べて子どもたちもきっと楽しいことでしょう。

 

~出発当日~
飛行機に搭乗!

 

子連れで旅行するときのコツ5

子連れで旅行するときのコツ6
※機内にあるバシネット(ベビーベッド)と機内離乳食

飛行機に搭乗し、席に着いてからしておいた方が良いこと、また、みなさんが一番気になるところでしょうか、離着陸時や飛行機内での過ごし方などについてもたくさん良いアドバイスをいただきましたよ。

 

搭乗・席に着いたら

 
優先搭乗で早めに乗ることもできますが、子供が飽きてしまうこともあるので、あえてギリギリで乗るのもありです。搭乗したら、まずは周囲の方に「ご迷惑をおかけするかもしれませんが、宜しくお願いいたします」と、ひとことご挨拶を。特に近くに子育て経験のありそうな年配の女性がいたら、仲良くなっておくと良いです。後々あやしてもらえたり、助けてもらえたりするかもしれません。周囲を味方につけましょう!

 

離着陸時

 
ごう音と気圧の変化で泣いてしまうお子さんがいます。授乳中の方はおっぱいをあげながら、話しかけて安心させてあげてください。おっぱいを卒業したお子さんには、飲み物やキャンディーで耳抜きができるようにしてあげましょう

 

機内での過ごし方

 
新しいおもちゃを小出しにします。DVDや動画を見せるとき、音は必ずヘッドホン、もしくは音なしで。飽きてきたり、ぐずったりしたら機内を散歩しましょう。途中CAが相手をしてくれることもあり、気が紛れます。

 

機内で泣いてしまったら・・あやし方

 
まずはおっぱいで口封じ。断乳後の場合はぎゅっと抱っこ。立ってユラユラしたり、抱っこして歩いてみたり…、周囲への「頑張っています」アピールが大切!印象がだいぶ違います。もし大泣きしてしまったら、ドアサイドかトイレへ。最後部のトイレ周辺が広くてエンジン音が大きくオススメです。

 

寝てしまったら

 
バシネットで寝かせるか、空席があれば2席つなげて横に寝かせても良いでしょう。この場合、シートベルトを忘れずに。シートベルトサイン点灯時は必ず抱っこするようにします。

 

機内食・ミルク

 
チャイルドミールに付いているスタイはポケットのない場合が多いので、ポケット付き食事エプロンや使い慣れたフォークやスプーン等があれば持参しましょう。機内食は食べ慣れないものがあったり、味も濃いものが多かったりするのであまり期待せず、飛行機の遅延やトラブルにも備え、食べ物は余裕を持って持参しておくと良いです。水は機内でもらえますが、限りがあるので、こちらも念のため持っておきましょう。粉ミルクはCAに頼めば作ってもらえますが、自分で調整したい場合はお湯をもらうこともできます。
 
遊んだり食べたり寝たり・・・いつも何気なくしている行動も、機内でするとなるとなかなか想像がつかないものです。でも、これだけ機内での過ごし方のポイントを知っていたら、心の準備もできて、ひとまず安心ですね♪

 
 
 
いかがでしたでしょうか?お子さんと一緒の旅行は、大人だけの旅行と違って大変さも大きいですが、その分賑やかでとても楽しそうですよね!友人ファミリーと行くことができたら、子どもは子ども同士で遊べて楽しいし、親も楽。おじいちゃま、おばあちゃまが同行する3世代旅行なら、さらに大人数で楽しめそうです!今年の夏もみんなで楽しい休暇を過ごしましょう☆

 
 
【今回お話しを伺った先生】

松川康来(まつかわやすこ)
イグレック代表。接遇マナー講師。元航空会社国際線CA。
現在は仕事と子育ての両立に奮闘しつつ、時間を作っては家族で世界中を飛び回る。
次に行きたい所はアフリカ・ケニア。野生動物を見るべくただいま計画中。

松川康来

 
前編で掲載した「子どもと一緒にはじめての飛行機 〜準備編〜」の記事も、ぜひ一緒にお読みください!

人気の記事

タグ

注目コンテンツ

関連サイト

GOO.N
ハグしてはぐくむ ハグ〜ンプロジェクト
elleair エリエール オンラインショップ お買い物はこちら