感動と安堵で胸がいっぱい 聞きたい!みんなの出産エピソード

教えて!あなたの出産方法は?

先日、GOO.N MOM コミュニティ ママサークルでは、みなさんの出産方法とともに、出産時の感動エピソードを聞かせていただきました!ひとことで「出産」と言っても、そこには本当に様々なストーリーがありますね。どのような出産になるか、ママ自身でもなかなかイメージできないものだからこそ、出産時の気持ちは想像と違っていることもあったり?!感動や驚き、安堵感…、みなさんが出産時にどのような気持ちになったのか、みなさんの出産方法を交えてご紹介させていただきたいと思います。

 

陣痛をのりこえ、感動の出産!

アンケートでは、およそ75%のママが選択された「自然分娩」。いつくるかわからない陣痛にハラハラドキドキ…赤ちゃんが生まれてくるタイミングは、ママにもまったく予想がつきません(^^;)
 

一週間フライングで破水からのスピード分娩!3000は超えてるって言われてたのに、産まれてみると2500強でスルッとポン!でした。でも陣痛は世界の終わりかと思ったなぁ…(Amyさん)
お腹から出てくるとき赤ちゃんと両手を繋いだ。自分で引っ張って出してあげれた!という感じで感動でした〜。(やよちんさん)
夜中から生理痛のような痛み。早朝に病院に行ったら即入院。そのうちスマホ見る余裕も会話する余裕もなくなるほど激痛に。分娩室で「痛み足りないのかもしれませんね。促進剤打ちましょうか」と言われた瞬間、「(゚Д゚;)痛み足りない訳あるかー!!!!」と思いました(^^;)そう思った瞬間に下がってきてくれて、息できないほどめっっっちゃいきんだら出てきてくれました。感動というより、安堵!生まれた瞬間身体がスゥーーゥっと楽になってびっくり。その日は興奮してなかなか寝付けませんでした(^^)(とーふさん)
高位破水(*1)から始まり、本格的に破水してから約10時間での出産でした。子宮口全開から微弱陣痛になり、促進剤を使用してからの2時間は、絶え間なく来る痛みに「もう嫌だ…」とかなり後ろ向きな気持ちになってしまいました。しかし、主人に立ち会ってもらったおかげで、手を握ってもらったり、お茶を飲ませてもらったりしたことで、夫婦二人三脚で出産をすることができたように思います。ちなみに産まれた瞬間は「あーテレビとかでよくこうゆう光景見る…」と、変に冷静でした(笑)(はな☆はるさん)
(*1 子宮口から遠い子宮の上部で卵膜が破れてしまうこと)

陣痛が来ず、入院してバルーン(*2)&促進剤で12時間かかり出産できました。陣痛がもう、考えられないくらいに痛く体力も消耗していたので、完全にパニックになってました(^-^;!!早く終わらせたくて、途中から帝王切開にして!とか、騒いでしまい恥ずかしい思い出です(- -;)看護士さんの計らいで無痛分娩を提案されると、+7万という事よりも「助かる」という気持ちが強く二言返事で了承。(笑)ところが、旦那が書類にサインや目を通している間にいつの間にか子宮口全開、破水、10分後には出産していました。何か赤ちゃんが気を効かせてくれた気がして、とても感動したのを覚えています。それに、後々考えると7万は高かったー!(>_<)良かった!(笑)(みらままさん)
(*2 小さな風船のようなものを子宮に入れることによって、子宮口を刺激して子宮口が開くように促すもの)

陣痛を乗り越えて生まれた直後の小さな体に、感動、感激、安堵!陣痛のあまりにも強い痛みに平常心でいられるママはなかなかいらっしゃらないことでしょう。出産時、今思えばちょっと恥ずかしくなってしまうようなこともありますよね(笑)

 

まずは安堵感?長時間の陣痛!

陣痛から出産までにかかった時間は10時間前後という方が多いようですが、数日間に渡って陣痛と向き合うことになったという方も(><)なかにはなんと4日間かかったという方もいらっしゃいました!  

36時間の陣痛の末、我が子に対面出来ました。パパがずっと手を握ったり背中をさすったりしてくれたのが本当に嬉しかったです。なかなか子宮口が開かずに難産になってしまいましたが無事に元気な我が子に会えた瞬間、痛みも忘れちゃいました(かおキティーさん)
丸2日かかっての出産。かなり大変だったけど産まれて抱っこした瞬間涙がでました。そしてほっとしたのかずっと食べれなかったのですごくお腹がすきました(笑)(りおさん)
4日間、陣痛促進剤を使用しての出産でした。なので、とりあえず「早く出てきて~」の一心でした。出てきたら、感動して泣くだろうな~と思ってましたが、実際は「やっと出てきた・・・」が一言目でした。出産後、わが子の顔を見るたびにじわじわ感動してきましたね。(ことははさん)

痛みを長く経験されたためか、感動より、まずは無事生まれてきてくれたことにほっと一安心という気持ちが大きいようですね。陣痛がある間は食事も寝ることもままならず、とても大変だったことでしょう。

 

帝王切開手術で出産

逆子のためだったり、赤ちゃんやママの体調を優先するためだったりなど、様々な理由から帝王切開手術で出産となる方もいらっしゃいます。
 

無痛出産を夢見て、無痛で有名な産院へいったのですが、逆子に…。帝王切開となりました。残念ながら麻酔があわず、ひたすらに気持ち悪い気分での出産となりました。生まれた後の感動よりも、早くこの気持ち悪い状態から抜け出したかったです。(ハッピーさん)
切迫早産で入院中、夜中に原因不明の出血で緊急帝王切開でした 全身麻酔で、目を開けたら赤ちゃん産まれましたよと言われました まだ30週だったので、赤ちゃんが心配で泣いたりしていましたが、主人から小さい声だったけど泣いたよと聞いて安心しました。次の日会うことができた時は、嬉しくて泣きました(ナビ助さん)
48時間陣痛を体験しましたが、赤ちゃんは元気なのに私の体力がなくなり、足がガタガタふるえてとまらなく、帝王切開になりましたー(^o^;)麻酔を打ってもらった瞬間にホッとしてあとはあまり覚えてません(ころまま77さん)

麻酔や傷口の痛みなど、ママの体にもちょっと負担がかかります。そのためか、赤ちゃんが誕生した感動は、すぐに、というのではなく、ちょっと落ち着いた頃にじっくりと感じられることが多いのでしょうか。

 

陣痛がやわらぐ、無痛(和通)分娩

日本ではまだ少数派ですが、海外では一般的な出産方法の1つとなっている国もある、無痛(和通)分娩。痛みに弱い方や体力に自信がない方には良い選択肢になりそうです。
 

妊娠中から激しい骨盤周辺の痛みで歩くこともままならない状態となり、バルーンと促進剤でお産を進めることに。陣痛の際、麻酔投与が遅くて、無痛分娩でしたが子宮口全開まで陣痛を味わいました(T_T)また、産院の方針として痛みがMaxにならない程度の麻酔にしているようで、麻酔後も痛かった!でも、いきむときには麻酔が効いてきて、助産師さんの言葉にも微笑むことができるくらい冷静に産めました。赤ちゃんの顔を見た瞬間、妊娠中期から仙骨の痛みと闘った辛いマタニティライフが頭をよぎり、「やっとこの子と会えた」と思い、涙があふれました。無痛だったからこそ、そういうことを考えられたのかも。(らんさん)
出産1か月前に、急に怖くなってきて、年齢、体力の消耗、回復などを考えて選択。陣痛が痛くなってきたらスイッチを押して麻酔が入るというものだったが、陣痛の痛みを和らげる程度で、出産時は麻酔を切る方法だったため、出産はすごく痛かったししんどかった…でも、和通にしたから痛みが和らいで体力の回復も早かったのかなと思うと選択してよかったなとは思います。うまくいきめず、助産師さんに「お尻浮かせない!おへそを見る!!」と何度も言われて、呼吸が浅くて酸素マスクつけられて…出産した瞬間の感想は、感動したというよりは、とにかく終わった、しんどかったという感じ。わが子を見た時も、赤紫の胎児が出てきたという感想で、出産直後は分娩台の上で放心状態。全身に力が入らず、話す気力もなかったです。でも、立ち会ってくれた主人に「頑張ったね」と言われたこと、産まれたわが子を抱いて涙が出たと主人が言っていたのを聞いてすごく嬉しかったです(Kさん)

痛みが和らいでいる分、少し気持ちに余裕が感じられたり、体力の回復を早く感じることができたりするようですね。日本でも徐々に一般的な出産方法になってくるのでしょうか?!

 
 
いかがでしたか?感じる気持ちやタイミングは人それぞれではあるものの、どんな出産方法でも、我が子にやっと出会えたこのうえない喜びはみなさん変わらないですね(≧▽≦)出産時の気が遠くなるような激しい痛みは意外とすぐに忘れてしまうことが多いようですが、我が子が誕生した感動の気持ちだけはいつまでもずっと覚えていたいものです。また、産後は育児の大変さにイライラしてしまいがちなことも…。そんな時はぜひこの時の気持ちを思い出してみましょう!!

人気の記事

タグ

注目コンテンツ

関連サイト

GOO.N
ハグしてはぐくむ ハグ〜ンプロジェクト
elleair エリエール オンラインショップ お買い物はこちら